今日は3.11.あれから六年が経ちました。

今日は3.11.あの日からもう六年が経つんですね。時が流れるのは早いですね。でも、時が流れても癒えない傷があることを私はあの出来事で実感しました。被災といってもわたしは東北地方の人間ではないので、東北の方々からすればバカみたいなものですが、それでも私は心に傷を負いました。あの日から始まった仕事でのトラブル、そして津波のショッキングな映像。それで私の心はみるも無残に崩壊してしましました。精神的に不安定になってしまったのです。眠れない日々、自分を責める日々。病院にも通いました。あの頃から比べるとだいぶよくなったのかなと自分では感じていますが、3月11日が来るたびに私はあの苦しさを思い出します。そして被災した街の写真や映像をみるたびに鼓動が速くなり、自分を失っていくのが分かるのです。メンタルの弱い私にはショッキングすぎるできごとだったに違いありません。しかし、東北で大切な人を失っても、自分の家をうしなっても元気に生きている方の姿を観ると本当に励まされます。どうかどうか、あの日、傷を負った人々(自分も含め)に平穏な日が訪れるようにと祈らずにはいられません。http://xn--eckr4nmb8013awx5cgxyaydq.xyz/