暑い日が続いているのに、食欲がわいて仕方がなかった。新盆のお見舞いのお返しにもらったそうめんがたくさんあったので、そのうちうんざりするのではと危惧しつつも、そうめんばかり食べた。

めんつゆにはナスや刻んだミョウガを入れた。さらなるトッピングでのり、白ごまなども追加。子供の頃は「また、そうめんか」とうんざりしていたが、大人になってからはなぜか毎日食べても飽きない。

夜には、にゅうめんにして食べた。油揚げを入れて、刻んだネギをトッピングでしたもの。ついでにナスの残りも入れた。麺と油揚げを一緒に食べれば、油揚げから汁が染みだすのでとても味わい深い。

夕方頃になるとさすがに辺りは涼しくなってくる。窓を開けておけば、涼しい風が吹き込んでくる。そこに出汁の利いた熱いにゅうめんは、かなりマッチしてうまい。冬にこたつで雪見だいふくを食べるのと似ているかもしれない。

次の日、茹でたそうめんが冷蔵庫に余っていた。だが少ない。やむを得ず別途そばをゆでて、一緒に食べることにした。微妙に食感が違って、歯応えが楽しい。茹で汁もそば湯として味わう。そうめんも短時間だが一緒に茹でたせいか、多少ねばねばしていたが小麦粉と蕎麦のミックスでうまかった。医療脱毛 総額

三年生になって時間割りに六時間目が週に二日に変わりました。
二年生は六時間目は1日、さぞ疲れるだろうと思っていたらもう三年生、このままあっというまに小学校も終わってしまうのかというくらい時間が過ぎるのが早いです。
土日は習い事をしているため1日家にいないし、高学年になると平日の夜間練習も週に二回あるそうなんです。
そして、六時間目までの日は週に四日、ほぼ全日、帰宅したらもう五時前、慌てて夜間練習のために家を出なければなりません。
こんな生活が、我が家にこなせるのかと思うととても不安なのですが、回りの人たちは難なくこなしているので驚きです。
私としては給食を食べてすぐにでも帰ってくる短縮期間が大好きです。
子どもと遊べる!子どもが家にいることがこんなに嬉しいと思えるなんて、学校に行く前は早くいってほしい、自分の時間がほしいと思ってたのに、いざそうなると寂しくて寂しくて。
ないものねだりばかりふしぎなものですね。ミュゼ 足